美白が美しい肌じゃないの?

美白命!美白こそ肌の美しさ

 

日焼け大敵

 

あなたも、そう考えていませんか?
私も、つい最近まで、色白になること、美白こそが美しい肌だと、そう思って疑っていませんでした。

 

先に、ちょっと私の自己紹介。現在47歳の女性です。30代後半になって何か趣味をとテニスをはじめたのですが、時を同じくして、自分の顔が非常にドス黒くなったように感じました。これは、間違いなく日焼けだ!

 

化粧品は美白系を意識したものに変更。普段から、日傘を愛用して、元凶となったであろうテニススクールはインドアクラスに変更。みんなで集まって外で試合をする時には、日焼け止めクリームはもちろん、帽子・手袋・サングラス・長袖・長ズボンとアラブの女性もビックリの完璧ないで立ちでプレーするようにしました(笑)

 

しかし、数か月たっても、数年たっても、肌のドス黒い感じは、一向に改善しません。なんだか、顔全体がくすんだ感じなのです。

 

日焼けをこれ以上、防ぐことが出来ないので、次に考えたのが、身体の中から・・・。
コラーゲン系のドリンクを続けて飲んでみることにしました。こちらは、肌のハリについては、幾分改善されたような気はしました。

 

コラーゲンドリンク

 

しかし、本丸の肌のくすみが解消されないまま。相変わらず、全体的にどよ〜んとした、どす黒い肌のままでした。

 

そんな時に、元美容部員をしていた友人との何気ない会話の内容に固まってしまいました。

美白と肌の美しさとは、別物だよ!
白い肌が美しいとするのなら、黒人の人で美しい肌の人がいなくなるじゃない(笑)
肌が美しいかどうかは、肌のキメを整えて、
くすみを取って、光が乱反射するような肌になることだよ。

 

くすみがある肌

 

えっつ、確かに言われて見れば、浅黒い肌の人でもお肌、ピカピカの人っていくらでもいるよねぇ。なんで、勝手に美白って思っちゃたんだろう?くすみが原因・・・。乱反射?
乱反射する肌って、どんな肌?いままで、考えもしなかった。

 

でも、くすみを取る方法って、どうすれば良いの?

 

「くすみ」を取ると、シミ・しわ・キメの粗さが目立たなくなる。
「くすみ」を取るには、しっかりとした洗顔で汚れを取るのが一番。

 

いやいや、まって、そんなに角質を取るような洗顔を行ったら、ただでさえ、潤いがなくなってきている、四十路の肌が、さらにガビガビになっちゃんじゃないの??

 

その時に彼女に使用してい石鹸として、紹介してもらったのが、「二十年ホイップ」でした。

 

この「二十年ホイップ」実は、凄く有名みたいで、美容のプロが選ぶ、「くすみ」用のアイテムのナンバーワンに選ばれている商品だそうです。それで、元美容部員の彼女も商品の良さを知っていたようです。

 

「20年ホイップ」のサイトを見ると、まさに彼女が話してくれた、「くすみ」を取ることがいかに大切か書かれていました。今回の私のドス黒さを解消するにあたって、いろいろ美容サイトで口コミや楽天やアマゾンで良い商品はないのか探していたのですが、洗顔は盲点でした。

 

 

 

 

 

サイトを見ると、全額返金保証がついており、商品への自信が感じられましたので、さっそく注文してみました。

 

詳しくはコチラ

 

 

北の快適工房

郵便ポストに入っていました。宅急便って面倒だから、ありがたい。

 

二十年ホイップ到着

こんな感じで、本体と泡立てネット。

 

泡立てネット

この泡立てネットがなかなか秀逸( *´艸`)

 

ほいっぷ120g

内容量は120g
これは、あと後気が付くのですが、1回の使用量が、2g(一回り大きいアーモンド大)が推奨なんで、1本で60回の使用分量なんで、朝・夜で計算は合うのですが・・・。

 

実際には、泡立てると本当に弾力の強い泡が出来て、それで顔を洗うと、髪の毛に泡がつき、泡が残って正直モッタイナイ感じがします。
夜のお風呂で使用すると、残った泡を無駄にすることなく、その泡で顔を洗うことができますので、一石二鳥で大満足。

 

しかしながら、朝バタバタ洗顔する人間には不向きでした(;´∀`)

 

詳しくはコチラ